Search
Search Menu

ツーリングなどしている人たちにとって、インカムはまさに必要不可欠といえるのではないでしょうか。確かにインカムなしでもバイクツーリングはすることができますが、あったほうがよりツーリングの充実度を高くすることができるでしょう。

いま、ツーリングで、インカムのことを知らないというのでは完全に仲間はずれになってしまうかもしれないですよ。 インカムの商品にもいろいろなものがあり、 数万円もする高価なものから、中華メイドの1万円そこそこのものまであり、もし購入するのなら、どのような商品かということも比較検討する必要があります。

【インカムの魅力】

インカムがなくても、バイクは走らせることができます。でも、インカムの登場で、バイクのツーリングも何倍も楽しくなったという人たちが多くいます。 まずインカムを、「ハイエンドグループ」、「ミドルレンジグループ」、「ローエンドグループ」という分け方をしてみるといいでしょう。

そして、インカムにはどのような機能があるかチェックしてみましょう。 インカムの機能には、同時接続数や、通話距離、通話と音楽の併用、防水性能、さらにラジオチューナーの有無、有線外部入力などの違いがあります。
最新インカムに注目すれば、もっと魅力的な使いたい機能が備わっていることでしょう。 同時接続数や通話距離はやはり選択すべきポイントではないでしょうか。

必要な同時接続数は、 ハイエンドでは4~8台、ミドルレンジは4台、ローエンドでは2台という感じでしょう。

【極上のツーリングを楽しみたい】

どうせなら、極上のバイクツーリングを楽しみたいではありませんか。そんな思いの人たちにこそインカムの導入をおすすめします。 退屈で閉ざされた走行する時間は、インカムによって解消することができます。

インカムは、現在、ただ仲間同士のコミュニケーションの手段として使われているわけではありません。接続する機材によってはナビの音声やレーダー探知機の警報を聴き逃すことはありません。

Bluetoothが非搭載の機器も、Bluetoothトランスミッターを接続すれば音声聴取が可能です。

【彼女とラブラブ】

集団でバイクのツーリングということもあるでしょうし、彼女を後ろに乗せてツーリングというシーンもあるでしょう。本当に羨ましい光景ですが、実際に、ツーリングしているカップルは、なかなか会話も出来ないでつらい思いをしているかもしれません。

このようなシーンでも、インカムって必需品といえるのではないでしょうか。インカムがあれば、風や排気音に負けないくらいの大きな声を出さないでも、タンデムツーリングやペアでのツーリング時に彼女の会話をスムーズに楽しむことが出来ます。

高速域でもノイズキャンセリング回路によるデジタル処理がありクリアな音声を維持することができます。 好きな音楽やラジオやナビ・レーダー音声を聴きつつ、会話もしながら走りたいという人たちには、 B+COM(ビーコム)ワイヤレス インカムがおすすめです。